ニキビ大辞典

ニキビ大辞典

洗顔方法

にきびを予防するには、正しい洗顔を身につける必要があります。
あなたはきちんと正しい洗顔方法で顔を洗えていますか?

○クレンジング
普段化粧をしていても、していなくても、クレンジングは必ずしましょう。
クレンジングというのは肌の上の脂汚れを落とす作業で、
メイク以外の皮脂汚れも落としてくれるからです。
また、ポイントメイクを落とすのとソレ以外のところでは、
クレンジング剤を追加して新しくしましょう。
ポイントメイクの汚れがついたクレンジング剤で他の部分をこすっても、
上手く汚れが落ちません。 きちんと汚れを落とすコツは、
たっぷりのクレンジング剤で根気よく肌を撫でること。
決してこすらず、焦らずが禁物。
クレンジング剤が全体的に白くなったら汚れはオフできています。

○洗顔
クレンジング剤を落としたら、次は洗顔です。
必ずネットを使ってたっぷりの泡を作りましょう。
泡は、肌を刺激せず洗うために必要です。
たっぷりの泡を肌に載せ、ゆっくりマッサージをするつもりで洗いましょう。
特にニキビが出来易いところはこすらず、泡で汚れを落とします。
顔全体を泡で覆う気持ちでやりましょう。
また、洗い流すのにはぬるま湯を使います。
その際、やはりこすらずにたっぷりのお湯で泡を流しましょう。
これで洗顔はばっちりです!


洗顔だけでなく、女性は全身肌がきれいでいたいものです。
若い人によくある、毛孔性苔癬は特に気になるものです。
二の腕にぶつぶつがある人は毛孔性苔癬の可能性があるので
チェックしてみて下さい。
「毛孔性苔癬の悩みから解決するためのサイト!」



レモン


ビタミンCの働き

ビタミンCは、体の健康を保つ他、お肌をきれに保つためにも必要不可欠な成分です。
一日に必要なビタミンCの量は平均85mgで、
100mg以上摂取できればよりよいと言われています。

ビタミンCは、お肌にはどのような作用をするのでしょうか。
ビタミンCは、抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、
本来アルカリ性であるべきところが酸化して錆びてしまうのを防ぐ働きのことです。
お肌に限って言えば、たとえばニキビによる炎症を抑える効果が抗酸化作用です。
ニキビができやすい人は、積極的にビタミンCを摂取するとよいでしょう。

他に、お肌のハリに必要なコラーゲンの生成を促進する働きもあります。
コラーゲンだけを摂取するのではなく、ビタミンCも同時に摂取することで
よりお肌にハリが生まれます。

ビタミンCの働きはまだまだあります。
ビタミンCをとると代謝が促進されるので、ニキビ跡やシミの予防にもなりますので、
色白な肌を保つことができます。








Copyright(c) 2009-2011 ニキビ大辞典 All Rights Reserved.